前へ
次へ

IT×軽貨物ドライバーの新ビジネスモデル

国の血液と呼ばれる物流業界をローカルエリアで支えているのが、軽貨物ドライバーです。軽貨物ドライバーは都市間輸送を担う長距離ドライバーとは異なり、地域に密着した短距離運送を担っているドライバー職です。そうした地域密着型の働き方なので、企業雇用の軽貨物ドライバーは少なく、その大半は業務委託ドライバーとして活躍しています。しかし業務委託ドライバーが全員、営業ノウハウを持っているかというとそうではありません。自力で新規クライアントの開拓ができない業務委託ドライバーもいます。その為、水屋や運送会社が運送案件を軽貨物の業務委託ドライバーに紹介するというビジネスモデルが一般的です。しかしそれでは業務委託といっても実質のところ、労働契約とみなされても文句は言えません。昨今では偽装請負の規制強化による、雇用の健全化が行われており、軽貨物運送ドライバーも例外ではないです。従来のビジネスモデルがリスクになってしまった現在、新たなビジネスモデルを構築しなければ、発注者も受注者も仕事が成り立たなくなります。そこで新しく台頭してきているのが、ITテクノロジーを活用した軽貨物ドライバーの運送マッチングシステムです。このシステムは依頼者がインターネットサイトに運送案件を掲載する事で、条件に合う業務委託の軽貨物ドライバーが運送案件を受けられるというものです。従来は水屋や運送会社が仲介に入っていましたが、その役割をインターネットサービスで代替してしまうというものです。依頼者と業務委託の軽貨物ドライバーが直接メッセージでやり取りできるので、運送時刻遅延時や運送物破損時のやりとりもスムーズに行えます。また従来のマージンが発生しないので、業務委託の軽貨物ドライバーは同じ案件でも稼げる金額が大きく異なります。なぜならインターネットは実店舗が要らず、労務費も抑えられるので、マージン率を低く設定できるからです。ITテクノロジーが成長する事で、従来よりダイレクトな仕事の受発注が可能になる事が予想されます。

輸送の業務委託契約も可能
ご相談が軽貨物運送事業専門会社まで

Page Top