前へ
次へ

軽貨物ドライバーの業務委託とは?

インターネット通販の需要増加や新型コロナウイルス感染症の巣ごもり需要によって、いま注目されている軽貨物ドライバー。そんな今最もアツい仕事ですが、軽貨物ドライバーの大半は業務委託という形態で働いています。この業務委託は正社員や派遣社員、契約社員、アルバイト、パートとは異なり、企業と労働契約を結ばない働き方を指します。労働契約を結ばない代わりに業務委託契約を結び、クライアント企業から仕事を請け負うというものです。その為、業務委託軽貨物ドライバーは一般的な雇用と違い、縛られる事はありませんが全て事故責任で仕事を行わなければいけません。また最低賃金法が適用されないので、もし稼げなかったとしても給与が保証されず、かなり不安定になります。ですがそれをあまり余る魅力は、自由な事と稼げた時の利益率が高い事です。全て自己責任の業務委託の軽貨物ドライバーは売り上げを独占する事ができます。ある意味、社員がいない社長として、自由気ままに仕事ができるというわけです。ただし年末調整や登記などの各種行政手続きも自分でしなければいけません。最初から最後まで自力でやり遂げる、わからない事を自分で解決できるなどの自己完結能力を持った人材が、軽貨物ドライバーとして活躍できます。

Page Top